美濃加茂茶舗の日本茶(煎茶・ほうじ茶)
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/12

美濃加茂茶舗の日本茶(煎茶・ほうじ茶)

¥1,300 税込

送料についてはこちら

  • オリジナルブレンド煎茶(茶葉)

  • オリジナルブレンド煎茶(ティーバッグ)

  • ほうじ茶(茶葉)

  • ほうじ茶(ティーバッグ)

🍵『 煎茶 』 “0~100℃どの温度で淹れてもおいしく飲めるお茶”をテーマにブレンドされた「煎茶」 低温でじっくり淹れると清涼感のある甘み、熱々のお湯で淹れると茶葉本来の若々しく爽やかな香りが引き立ちます。 濃厚なうま味とキレのある渋みの感じられる深みのある味わい。 初級者の方にも気軽に淹れられるよう、どの温度帯でも特徴が感じられて本格的な味わいに仕上げました。 朝、しゃきっと目覚めたいとき、仕事の合間の小休止の時間におすすめのお茶です。 ------------------ 🍵『 ほうじ茶 』 春に収穫した一番茶の、柔らかく若々しい茶葉を焙煎した「ほうじ茶」は、高級感のある芳醇な香りが特徴。 二番茶や三番茶などを焙煎して作る一般的なほうじ茶は熱湯で淹れますが、一番茶のみを使用したこの茶葉は、水出しでも淹れられるので、春夏秋冬を通して美味しく味わうことができます。 熱々のお湯で淹れると香ばしい風味、少し湯冷まししたお湯で淹れるとまろやかな甘みを楽しむことができます。 ほうじ茶は、高温で焙煎して作られることでカフェインが昇華しているため、お子様やお年寄り、妊婦の方でも安心して飲んでいただけます。 また、焙煎することで生まれるほうじ茶の香ばしい香気成分「ピラジン」には、血流を促進させ手足を温める効果や、気分を落ち着かせるリラックス効果があります。 仕事や家事の休憩中、甘いお菓子を食べながら一息つきたい時、就寝前のお茶としてもおすすめです。 ------------------ 今回、「茶葉」と「ティーバッグ」の2種類をご用意しました。 ------------------ 【おすすめの淹れ方】(茶葉) ① 1度よく沸騰させたお湯を湯のみなどの別容器に注ぎ、1分程度待ち湯冷ましをします(約 80°C)。 ② その間にティースプーン2杯(約5g)の茶葉を急須に入れます。 ③ 湯気が穏やかに立つようになったら、茶葉を入れた急須にそっと注ぎ1分待ちます。 ※ほうじ茶の待ち時間は30〜40秒 ④ 急須を振らずにゆっくり湯のみに注いだら完成。 最後の1滴まで注ぎ切ると2煎目もおいしく淹れられます。 (2煎目は1煎目より少し高めの90°Cくらいのお湯で、待ち時間は数秒) ------------------ 【おすすめの淹れ方】(ティーバッグ) ① 湯のみにティーバッグを入れ、ゆっくりとお湯を注ぐ(湯量150〜200ml) ※先に湯のみにお湯を注いで、30秒ほど待ってからティーバッグを湯のみに入れると、 低温で抽出(約80℃)することができるので、よりうま味を楽しむことができます。 ② 1分ほど待ったら、ティーバッグのタグをつまみ、数回上下に振ってお好みの味に調整してお召し上がりください。 ※振りすぎると渋みが強くなるので、注意してください。 ③二煎目も楽しめます。待ち時間は20〜30秒。 --------------- 【内容量】 ①美濃加茂茶舗の日本茶 ・「煎茶 / ほうじ茶」茶葉 :50g ・「煎茶 / ほうじ茶」 ティーバッグ :3g×8個入り 【賞味期限(食料の場合)】 ・賞味期限10ヵ月(開封前) 【発送までの日数】 ・通常1〜3日中に発送させていただきます。